中古物件はリノベーションで生まれ変わる|流行りの室内リフォーム

作業者

優先順位を決める

設計

納得するまで家族会議を

愛知でリフォームすることが決まったら、まずは家族全員で、それぞれが感じている問題をすべて書き出してみましょう。そして模様替えや使い方の工夫、小さな家具の買い替えなどで解決できる問題なのかなどを検討します。住まいが老朽化するように、住む人の状況も変化しますので5年後、10年後のことも考えて優先順位を決めるのがポイントです。絶対やりたい、できればやりたい、どちらかというとやりたい、という3段階に分けておきましょう。次に予算枠を決めます。雑誌やサイトで情報を収集しておくと、だいたいの目安がわかることもありますが、リフォームは既存の家を壊して作り直す作業ですから壊してみなければ本当のことはわかりません。工事費用にいくらかかるかばかりを気にするよりも、どんなローンが利用できるかを調べ、まずは自分たちがリフォームにどれくらいの費用をさくことができるのかを分析しましょう。その際には、やはり5年後10年後、あるいはそれ以上を考慮して、自分たちが愛知のこの家でいつまで暮らすのかということをもう1度考えてみる必要があります。新築のローンにリフォームローンが重なり終わらないうちに建て直しなどというようでは困るので、将来設計をきちんと考えて無理のない予算を割り出しましょう。愛知の業者へ依頼する際には、遠慮や気おくれは一切禁物です。限られた予算の中で最高のプランを作るわけですから、愛知の住まいの現状をそのまま見せて、予算も含めて家族全員で話し合った内容をすべて業者へ伝えましょう。